空室対策で賃貸経営を成功させよう|リスク対策を考えた経営

笑顔で案内する人

空き部屋を埋める方法

室内

空室対策の原因となる要因は自分で防ぐことができますが、入居者が入らないということはその心理を読まないといけなくなってきます。原因としてはその部屋にありますので紹介してもらいやすいように対策を取ることによって空室を防ぐことができます。

View Detail

空室リスクに備える

建物

不動産投資を行う場合に重要なことは空室対策です。空室が発生してしまうと収入源が断たれてしまいますので、できるだけ早期の空室対策が必要です。人気設備の設置や物件のピーアールの教科だけでなく、入居条件の緩和などの対応が考えられます。

View Detail

賃貸経営とリスク回避

部屋

賃貸経営を行う上で、リスクの1つとしてあるのが空室の発生である。これらの空室対策には、リフォームにより物件の魅力を上げるなどの方法があるが、人気の方法として一棟借り上げがある。一棟借り上げでは、空室リスクを排除でき管理も委託できる。

View Detail

賃貸経営と空室への対応

インテリア

賃貸経営と空室

賃貸経営を行う場合、リスクとしてあるのが空室の発生である。空室が発生することでその部屋から家賃収入を得られなくなり、その上で維持費が必要になる。その為、賃貸経営においては、空室の発生には注意が必要になる。これらを解決するために重要となることが、空室対策である。空室対策として挙げられることは。物件の価値を高め、入居者を集めるということだ。セキュリティ設備を強化したり、リフォームを行うなどにより物件の価値を高めることで空室対策を行うことができる。また、入居者の募集を強化することも対策としてある。様々な媒体を活用して入居者の募集を行い、早期に入居者を見つける方法になる。その他、専門業者に対策を委託することもある。不動産業者などの知識やネットワークを活用することもポイントになる。

一棟借り上げとその特徴

空室対策には様々な方法があるが、その1つとしてあるのが一括借り上げを活用する方法である。一括借り上げはマンションやアパート一棟全てを業者に貸し出し、業者が賃貸の運営を行っていくというものになる。アパート一棟を借り入れてもらうことになるため、オーナーとしては空室発生のリスクを回避でき、空室対策とすることができる。また、一棟借り上げでは、毎月一定の収益を得ることができるため、ローン返済などの計画が組みやすいということも特徴としてある。さらに、運営自体を専門業者が行う為、賃貸管理を行う手間が省けたり、より効率的に運営してもらえる可能性が高い。これらの特徴があることから、最近では空室対策として一棟借り上げを活用するケースが増えている。

Copyright© 2016 空室対策で賃貸経営を成功させよう|リスク対策を考えた経営 All Rights Reserved.