空室対策で賃貸経営を成功させよう|リスク対策を考えた経営

メンズ

空き部屋を埋める方法

室内

こんな部屋が対象となる

マンション空室の原因としては、周辺マンションに同じような形状の部屋が増えていることが要因になります。これは人気のエリアだったとしても設備が古かったり、3点ユニットになっているなどが原因になってきますがそれだけではありません。近年のマンション開発により、マンションが増えれば増えるほど同じ様なマンションが増え続けるために新しい物件へと変わっていってしまう傾向があります。そのため、空室対策をどうしたらいいのか分からない人向けにされている対策として家賃を下げることをしていますが、それだけでは対策になっていないというのが現状です。家賃を下げるだけでなく、その他の対策も取ることによって空室を防げるようになります。

空室にならない対策とは

空室対策として最近人気になっているのが、空室向けの保険になります。その方法としては家賃保証と呼ばれている保険になるのですが、空室になった場合に家賃相当の8割程度保証してもらえるという保険になります。これは永年保証ということではなく、約2年間の保証を基本としていますので保証期間は保険によって異なります。空室対策の他の方法としては、家賃を下げると紹介しました。この家賃の値下げと共にレースカーテンを付けておくとか簡易照明を取付けるなどがあります。また、入居のお礼として生活セットをおいておくと喜ばれるようになります。このように空室対策は、家賃の値下げだけでなく視覚効果やお礼を込めて行う事により対策ができるようになります。

Copyright© 2016 空室対策で賃貸経営を成功させよう|リスク対策を考えた経営 All Rights Reserved.