空室対策で賃貸経営を成功させよう|リスク対策を考えた経営

メンズ

空室リスクに備える

建物

空室には早期対応

不動産投資としてアパート経営やマンション経営を行う場合に注意しなければならないのは空室リスクです。不動産投資はリスクの少ない投資と言われていますが、収入源は家賃収入だけですから、空室になると収入が大幅に減少してしまいます。そのため、早期に空室対策を行うことが重要になります。空室期間が伸びることによって、物件の人気が低下してしまいますので、空室期間が長ければ長いほど新規入居者を見つけにくい状況になります。そうならないためにも、早期に空室対策が必要なのです。空室対策として一般的に行われる工夫は、人気設備の設置など新たな投資を行ったり、物件の広告に力を入れることで新規入居希望者をできるだけ多く呼び込むことが挙げられます。

入居条件の緩和

様々な空室対策を行ったとしても、簡単に空室が埋まるわけではありません。人気の物件にはそれなりの理由がありますし、空室が埋まらない物件にもそれなりの理由があります。空室対策を行っていくうえで重要なことは、近隣にある人気物件の理由を明らかにして、それに対抗する手段を講じることです。例えば、家賃が高すぎる場合や入居条件が厳しすぎる場合などは入居希望者に敬遠されてしまいます。逆に言えば、入居条件を緩和することによって人気を得ることが可能になります。家賃の引き下げや保証人の緩和、ペット可にするなど様々な入居条件を緩和していくことによって、入居希望者を集めることが可能です。ただ、入居条件はより良い物件にするために設定しているわけですから、引き下げには慎重に対応しなければなりません。

Copyright© 2016 空室対策で賃貸経営を成功させよう|リスク対策を考えた経営 All Rights Reserved.